読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あんこ&ちゃんこ

夫婦生活の話題を中心に 『壁の越え方・楽しみ方』 を発信していくブログ

【退院日&命名式】娘と私の物語

f:id:ankojirushi:20170223115205j:plain

 

2月17日(金)いよいよ退院当日。

病院食もこの朝食で最後になりました。

この日は11時までに退院ということで、結構バタバタしていました。

朝食を終えたあと、助産師さんが娘を部屋に連れてきてくれたので、

娘の着替えと準備を済ませ、荷物の準備をした私。

9時になり、先生方が問診にきました。

 

 

お世話になった先生方

 

本当にお世話になった先生方。

急に帝王切開になったのにも関わらず、私が安心して任せられたのは

この先生方だったから。

とても信頼できて、とても優しい先生方。

この病院にして本当によかったな…と、

退院する時に改めて思いました。

 

初めての出産でわからないこともたくさんあり、

不安なこともたくさんありました。

 

毎回の検診で初歩的な質問やら、たくさんしてきたと思います。

それなのに丁寧に説明してくれて、

いつも最後には『大丈夫ですよ』と言ってくれました。

それがどんなに安心したか。

 

妊娠から出産までの10ヶ月間。

長かったようで短かった期間だと思います。

 

病院に行くたびに不安を取り除いてくれた先生方に心から感謝致します。

 

 

お世話になった助産師さん

 

入院生活中、一番にお世話になったのはたくさんの助産師さんでした。

一から十まで細かく丁寧に教えてくれた助産師さん。

ナースコール押すのに慣れていない私は、

最初の頃、呼んで大丈夫かな…と、助産師さんを呼ぶのも不安でした。

しかし、いつも優しく丁寧に対応してくれた助産師さん方。

 

時にはスパルタだな…と思ったりもしましたが、

それも私と娘が退院した時に、無事やっていけるようにしてくれてたこと。

本当に感謝です。

 

助産師さんってこんな機会じゃないとお世話にならないから、

間近に見てやっぱりすごいな…と思いました。

赤ちゃんへの対応の仕方や接し方。

どれもこれもお手本になることばかり。

本当に赤ちゃんが好きなんだな…と伝わってきました。

 

そして赤ちゃんだけではなく、私に対しても本当に優しかった。

 

急な帝王切開で産むことになったとき、

一生懸命に勇気づけてくれて、元気づけてくれた。そして応援してくれた。

ずーっと手術中も頑張って!頑張って!っと言ってくれてました。

 

手術が終わった後も、本当にママ頑張ってたね。

傷口いたいよね…二度も痛みを味わってすごいと思うよ。

と、いつも声をかけてくれて、一人でも寂しくありませんでした。

 

通院している時にはわからなかった、助産師さんの優しさ。

とても感じました。

 

 

いよいよ退院

 

問診が終わり、自分の着替えと準備を済ませ、

旦那さんが迎えに来るのを待っていました。

娘も準備万端!

 

 

 

f:id:ankojirushi:20170223131210j:plain

 

 

 

この日は母の買ってくれた可愛い洋服でおめかし♪

案の定、旦那さんはメロメロ状態でした(笑)

 

10時半には旦那さんのお義父さんが車で迎えに来てくれたので、

チャイルドシートに娘を乗せて自宅に帰りました。

 

家では母親が待っていてくれて、娘初めての自宅到着となりました。

 

色々とあったこの10ヶ月。

大変なこともありました。

たくさん泣いた時もありました。

旦那さんに八つ当たりした時もありました。

不安で不安で精神的にきつくなった時もありました。

 

だけど、こうして娘が産まれてきた。

 

何年か前の私だったら想像もつかなかったことでしょう。

私が母親になるなんて…

自分がまだまだ子供だと思っていたから、

子供が子供を産むなんて…と。

 

だけど、こうして産まれてきてくれたんだ。

それを思うだけで胸がいっぱいになりました。

 

 

命名式

 

この日は娘が生まれて7日目。

お七夜の日だったので、命名式を行いました。

 

旦那さんとお義父さんは、二人でアカチャンホンポに行き、

命名の紙を買ってきてくれました。

 

 

 

f:id:ankojirushi:20170223131831j:plain

 

 

 

買ってきてくれたのはこちらの和風タイプ♪

名前は母親が達筆で書いてくれました。

 

そして夜は豪華なお食事。

 

 

 

f:id:ankojirushi:20170223132017j:plain

 

 

 

ずっと食べたかったお寿司解禁です(笑)

 

 

 

f:id:ankojirushi:20170223132019j:plain

 

 

 

その他たくさんの豪華なお惣菜♪

 

 

 

f:id:ankojirushi:20170223132022j:plain

 

 

 

近くのスーパーで買ってきてくれたものだけど、

とても美味しく、心が温まった♪

 

 

 

f:id:ankojirushi:20170223132023j:plain

 

 

 

ちょうどひな祭りが近いため、デザートも和風☆

 

娘は爆睡していたため、

起きて写真を撮ることができず、寝せたまま写真を撮りましたが

とてもいい思い出になりました♪

 

これから始まる娘との生活。

 

きっと不安なこともあるだろう。

泣きたい時もあるだろう。

情緒不安定にもなるだろう。

 

だけど時には周りに助けを求めて、甘えられるようになれればいいなと思います。

 

世間ではよくいうマタニティブルー。

私はならないと思っていました。

しかし、最近なってしまっている自分がいます。

旦那さんにもストレスをぶつけちゃっています。

自分って本当にダメだな…って思いました。

 

だけど、いろんな人が声をかけてくれています。

 

大丈夫だよ。

ダメなんかじゃないよ。

みんなそうだから安心して。

よくやってる方だと思うよ。

 

たくさんの人が声をかけてくれました。

 

私はひとりじゃない。

そう思えるだけで心が救われました。

 

今日は旦那さんのお義父さんとお義母さんが自宅に来てくれます。

心配して助けに来てくれるのですが、

そうは言わず、楽しみにしてるよ!と言ってくれました。

家族の温かさをとても感じ、

旦那さんと結婚して、

こんな温かい家庭に触れることができて本当に良かったと思いました。

 

娘と私の物語。

 

入院から退院までの物語は終わりましたが、

実際の物語はこれからも続いていくことでしょう。

 

その中で娘の成長とともに語れていけたらと思います。

 

by ちゃんこ(妻)